So-net無料ブログ作成
検索選択
お出かけ ブログトップ

明けましておめでとうございます [お出かけ]

新年明けましておめでとうございます。
今年もNoguログ 乗り物日記をよろしくお願いします。

今年は1日遅れましたが、例年通りこの場所からの出発です[晴れ]
1.jpg


今年も楽しく乗りもの達と過ごします[手(チョキ)]

木造の魅力 [お出かけ]

日曜日、155V6乗りの「こすーぎ」さんディレクションのTimberize Tokyo Exhibiton 「都市の木造建築展」に行ってきました。

未来型と言うかこれからの建築の在り方の新しい提案、研究成果の発表とでもいいましょうか、まさに目から鱗状態の発想がそこには広がっていました[目]

こすーぎ先生設計の木造集合住宅。

IMG_0025.JPG
(ただの四角と言えばそれまでですが、いろんなアイデアが詰まってます)

IMG_0023.JPG
(こんな集合住宅住んでみたいですね。いろんな形に繋げるそうです)

IMG_0024.JPG
メゾネットって良いにゃ~)

とにかく、2000年以降建築法が変わり、これまでNGであった木造の高層建築が可能になったとの事。
僕もNogu妻も知りませんでした。

こんなユニークな造形も木造ならではだそうです。
IMG_0028.JPG

IMG_0029.JPG
(このつなぎ目の実物を見てみたい)

IMG_0026.JPG
(こんな大きな高い建造物も木造で可能と言うことです。耐火性も問題なし)

IMG_0027.JPG
(これは、芸術的な建物ですね)

模型にできるものは絶対出来る」とこすーぎ先生はおっしゃってました。
確かに、僕も部品を設計した時イメージが分からなくなった時ペーパークラフトで作ってみて自分で納得、試作部も納得させた事が過去何度も有りました。
物の大きさは違っても考え方の根っこは同じなんだと思いました。

大手企業はなかなか難しいでしょうが、中小企業オフィスビルをこうした木造をとりいれた新しい発想で地域で作れば面白いかもと帰りに思いました。

既に1棟着工し始めるところだそうで出来上がりが楽しみです。

IMG_0030.JPG
(これが、現在着工中だそうです)

とても、良い勉強をさせていただきました。
もすーぎ先生ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

帰りは、こすーぎさんの「アツアツですなぁ~」[黒ハート]という昭和な見送り合いながらも十数年ぶりに復活したという表参道のイルミネーションを見て帰りました。

表参道夜景1.jpg
(凄い人と車でしたがきれいでした[ぴかぴか(新しい)]
たまには電車でお出かけも良いですなぁ~[ぴかぴか(新しい)]

旅に出ます [お出かけ]

旅に出てきます

平日休暇をとって、ちょっと癒しの旅に出てきます。

・・・実は、明日は結婚記念日なもんでちょっと現実逃避に行ってきます。[ムード]

FUJI ECOの記事もまとめなければならないのですがしばしお待ちを[たらーっ(汗)]

では、行ってきます。

行先は、避暑地の代名詞、初秋の軽井沢です。
軽井沢.jpg
≪夏の鬼押出しから望んだ風景≫

お台場ガンダム [お出かけ]

お台場ガンダム

いきなり、乗り物ネタではないけれど・・・
紹介がまだですが愛車のNISSAN MARCH 12SRでお出かけです。
P1000131.JPG

詳しい紹介は後日、愛車紹介Vol2で。

会社をフレックスで早上がりして今月31日で終了するお台場のガンダムプロジェクトに行ってきました。

東名高速から首都高へ・・・3号線は相変わらずの大渋滞
(やっぱり湾岸に回るべきだった・・・反省)

2時間かかってやっとお台場に到着。
平日とはいえ金曜日の週末で夏休みかなり混雑しています。
フジテレビ前も人がいっぱい[ふらふら]
やっとの思いでアクアシティーの駐車場へ12SRを停めました[バッド(下向き矢印)]
ここでテンションが下がるものの、潮騒公園が近づくにつれなんだかわくわく[るんるん]
会場入り口に近付くと巨大な白い物体が[exclamation]

うぉー[わーい(嬉しい顔)]
実物大全長18mのRX78GUNDAM[exclamation]
先ずは後ろ姿から。
P1000973.JPG
闇夜にそびえるGUNDAM。
素晴らしい。バーニアが超リアル。
そして、19:00ジャストにアイカメラが鋭く光り首が左右に可動。
そして胸の排気口とバーニアからスチームの演出が[グッド(上向き矢印)]
P1000993.JPG
ライトアップとスチームがたまりません。
GUNDAM世代ど真ん中としてはもう大興奮。
でかい三脚を持って行って本当によかったです。
最後はGUNDAMの股間を通っておしまいです。
(残念ながら人が多くて撮影禁止でした)
股下はこんな風になっていたのかと妙に納得しました。
チャンスは残りわずか。
その大きさには思わず感動しますよ。
妻も思ったより迫力があったと興奮していました。
是非、行ってみるべし!
おじさん世代だけでなく意外と女性も三脚で写真撮っていたのが意外でした。
お出かけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。