So-net無料ブログ作成

2015Mt.富士ヒルクライム【当日編】 [2015Mt.富士ヒルクライム]

【当日編】

3時半起床、4時半チェックアウトという毎度毎度の慌ただしい富士ヒル本番当日の朝。
ホテル駐車場から見る空は曇り。
2.jpg

雨は降っていないものの今にも振り出しそう。
山中湖班を富士吉田方面に向かう途中雨がポツポツ。
やがて、それなりの本降りになり路面も濡れていました。

効率よくメンバーの準備を進めるため5人分の下山荷物をShiroさんのラフェスタ号に積み込んで北麓運動公園に向かいます。
例年以上に交通規制が厳しく路上に駐車は無理。
助手席のNoguが仲間全員の下山荷物を抱えそれぞれのカートに運び入れました。
3.jpg

(重要任務完了)
ラフェスタ号に戻り、Shiroさんと指定されている富士急ハイランド駐車場にGo。

雨は降ったりやんだりを繰り返していますが先ずは準備。
Tarmacと595を駐車場で組み立て、不要なアクセサリー外したり計測チップ付けたり、エア調整したり、カメラ付けたり(Shiroさんだけね)
雨はほとんど止みかけ空も何となく明るい。
シューズにレインカバー付けてウィンドブレーカーを羽織って富士急から北麓運動公園会場まで自走しました。
下山荷物は先に預けたので身軽。
最悪スタート前に会場には入れればいいので余裕です。

15分ほどで会場入り。
アップを兼ねたもののウィンドブレーカー着たままではものすごく暑い。
天気は怪しいけど着るか脱ぐか判断が難しい…。
既に多くの参加者が集合しています。
(というかほとんど最後の方かな)
スタートはShiroさんと同じく第6ウェーブ。
指定された競技場内にバイクを並べしばし雨宿り。
4.jpg

にしやん@ぶちょーも同じウェーブスタートなので連絡とって落ち合いました。
なぜか第4ウェーブスタートのpanpan師匠もいたりして。
しばらくお話しした後それぞれのスタート場所に戻り最終待機。
だんだん緊張感が増していきます。

メイン会場ではオープニングイベントもはじまります。
雨はほとんど止んだ。
暑くてパフォーマンスダウンは嫌なのでウィンドブレーカーは脱いでバックポケットにしまいました。
定刻の7時に第1ウェーブがスタートした模様。
(今年もメイン会場と離れた場所に待機だったのでいまいちの一体感でした)
しばらくするとスタート地点への移動が始まりTarmacを引き起こし、Shiroさん、ぶちょーと向かいました。
ウェーブ間のスタート間隔は5分とタイト。
第5ウェーブスタートの後隊列もそろわないままに第6ウェーブのスタートコール。
5.jpg

カウントダウンで緊張感高めたかったのにちょっと残念なスタート。
それでも、沿道に出れば応援者たちの声援に送られてテンションも高まります。

胎内洞窟交差点までは3人で話しながら進めました。
集団で交差点を左折していよいよ計測地点。
「序盤は抑えて行こう」と前夜にShiroさんと話していたのでいつになくゆっくり目に計測板を踏んでEDGE500の計測スイッチを押しました。
ぶちょーは速攻見えなくなりました。
Shiroさんは多分Noguの後方にいると思われます。
料金所までの8%勾配を比較的ゆっくりといって大幅に遅れるわけでもないペースで進みました。
傾斜の緩む料金所手前、抑えようにも周りに引っ張られて加速。
ギアも上がります。
いよいよ、本格山岳コース1合目までが始まります。
13㎞/h前後の比較的ゆっくりしたペースでこの序盤の7%位の勾配を上がります。
しばらくするとShiroさんが追いついてきました。
話しながら並走していましたがこらえきれなくなったShiroさん、「先に行きます」といって先行していきました。
続けとばかりに後を追い少しだけついていきましたがペースが合わないので視界にとどめて追う事にしましたが1合目下駐車場手前で完全に見失いました。

1合目下駐車場到着。
応援者から声援が飛びます。
ここは緩斜面区間。
アウターに入れてかっ飛ばします。
アウターに入れ踏込み加速。
トリムレバー操作したらインナーまで落ちてしまい失敗。
再びアウターに入れトリムレバー操作でまたまたインナー。
思うように加速できないばかりか余計な体力使ってしまい一つ目の加速区間大失敗でした。

気を取り直して上ります。
7%前後の区間は21T、24Tでケイデンス落とさず速度を一定に、5%以下の区間は19T、21Tで増速。
4%以下では18㎞/h以上可能な限り20㎞/hに入れるよう小まめな走行を心掛けました。
ケイデンスはどのギアでも70~80rpmの範囲でコントロール。
上ハンドルは基本握らず、ブラケットを持って腕、上体のリラックスを常に意識してペダルに集中。
勾配に合わせた上体の前傾も意識してペダリング。
4月のBGフィット以降取り組んできた重心の意識と効率の良いペダリングを実践。
そのせいなのかリズムよく上ることができた。
この日に向けてサプリメントもいろいろ用意。
エキストラオキシアップが効いているのか、呼吸の乱れも少ないし心拍は低め。
いつになく重めのギア踏んでる割には乳酸も溜まっていないのか足の疲労もほとんど感じないのはMEDALISTアミノダイレクト5500の効果か。
足の攣りの兆候が無いのは毎度おなじみの2RUNのおかげなのか。
比較的、勾配のキツイ2合目までをやり過ごせたのは良かった。
3合目までの緩斜面が多く現れる区間はペースも上がりグングン進んでいる感じ。
センターライン付近を走行しながら前が詰まったら早めに抜く。
後方からの速い集団が来たらなるべくついていく。
こんな感じで全体のペースの底上げができたと思います。

3合目を過ぎ更にペースアップを図るべく気合い入れます。
4%の斜度をEDGE500が示すのでギアを1枚上げて加速…と思ったのですが思うようにペースが上がらない。
見た感じも傾斜は緩いのに速度が上がらない。
足が回らない。
ペース上げ過ぎたか?
こんな状態が2ヶ所続きました。
そろそろ限界?
と思ったところ太鼓の音が聞こえました。
大沢駐車場がもうすぐだ。
左に大きくカーブを曲がると一層力強く聞こえる太鼓と声援。
一気に元気が出ます。
ちょうど緩斜面という事もありセンターライン側をアウターに入れ一気にペースアップ。
そのままの勢いで4合目まで突き進みました。
いよいよ終盤だ。

ちょっと疲れも感じ始めたので急斜面に入る前にジェル(梅丹のゴールド)を注入。
10%の急勾配はきついけどダンシングもおりまぜ頑張ります。
山岳スプリット区間。
いつもはバテバテですがこの日はテンポよく勾配がきつい割にはペースも上がった気がします。
ここを抜ければ緩斜面かっ飛ばし区間前の激坂です。

7%程度の勾配ですが20㎞近く上ってきた足には壁のように見える緩斜面前の急坂。
きついけどここは大切なポイント。
緩斜面で速い列車に乗るためのポジションと誰についていくかを見定めます。
ポイントは追いつく人より後方から追い上げてくる人達。
その人達に付いていくことで緩斜面のペースがアップできる。
この日も良い具合に上がりきる前に抜かれた。
苦しいけどその人に食らいつく。
緩斜面序盤。
少し離されたけどインナーのままシフトアップ、ダンシングでその人との間を詰めてスタンバイ。
速度が上がる、ギアはアウターへ。
あっという間に25㎞/hオーバー。
28、29、30…
上がらない。
足が止まる。
前に出るか?まだ序盤だけどどうする?
数十m先にペースアップする集団発見。
一気に飛び出し追いました。
後ろから付いてくる人いるのもわかりましたが構わず加速。
追いついた。
31、32、33…いい具合に速度が上がる。
それでも足が止まってしまう。
高速巡航のペダリングは練習の効果があるみたいでまだ余裕がある。
出るか、とどまるか。
またまた葛藤。
そろそろ緩斜面区間も終わる。
最後の急勾配へ勢い殺したくなかった。
少し早いかと思ったけど飛び出して踏んだ。
失速していた集団を後方に追いやり最後の激坂に突入、ダンシングで行けるとこまで行きました。

急速に速度は落ち、ギアもインナー、トンネル出る頃にはインナーローまで落ちていた。
声援が飛んでくる。
ゴールゲートが遠い。
足は回ってるが進まない。
ギアを上げるが踏めない。
こんなことしていたらタイムが削れない。
進まないけどもがいた。
格好悪かったと思うけど回らない足を回した。
目の前にゴールゲート。
二人の選手がいる。
この二人だけかわそう。
不思議と力が出た。
抜いた瞬間ゲートをくぐった。
EDGE500を止めた。

2015Mt.富士ヒルクライムが終わった。
感覚的には出し切った感じだった。

下山荷物を引き取りにバイクを押しながらEDGE500のLAPを表示させて確認。
7.jpg

31という数字がやけに大きく目に入ってきました。
目標達成できなかった現実突きつけられた感じで一瞬ショックだった。
「あんなに頑張ってきたのに」
1分24秒足りなかった。
悔しいなと思いつつ人ごみの中にぶちょーを発見。
会話の中で「90切れなかったけど自己ベストだったよ」と何気に言った一言で吹っ切れた。
そうだ、4年前の自分に追いついて勝ったんだと思ったらうれしくなった。

荷物をピックアップして一人で戻りはじめたら売店手前にキューマルさん発見。
結果を報告すると自分の事のように惜しいねーと言ってくれたのがうれしかった。
キューさんも自己ベスト出せたようです。(お互いTarmac効果?)
6.jpg


Shiroさん探しにソフトクリーム売店前に行ったらやっぱりいました。
ほどなくpanpanさんとぶちょーも合流。
o-donさんも集結して5人皆揃った。
タイムはそれぞれ。
皆さんやりきった感でいっぱいでした。

後は整列して下山。
9.jpg

ひたすら長いダウンヒル。
下山完了したら晴れ間が見えていた。
11.jpg

去年食べれなかった吉田うどんをみんなで食べてそれぞれ帰路についたとさ。
10.jpg


来年はどうしようかと富士急に向かう途中思っているのか??
12.jpg


Shiroさんのラフェスタ号の前でTarmacと595の恐ろしくモノカラーな2ショット。
13.jpg


【ちょっと謎なデータ】
ブロンズゲットという訳にはいかなかったけど自己ベストを1分16秒短縮できたことは素直にうれしい。
帰宅後にデータを見たら平均速度は16㎞/hだった。
計算ではこの速度であれば90分なんだが…
走行距離見ると24.45㎞になってた。
24㎞経過時点のタイムは89分26秒。
450mはどっから現れたのか?
コース取りなのかな。
ちょっと謎ですな。
(コース取りの関係かもな)

おしまい。

2015Mt.富士ヒルクライム【前日編】 [2015Mt.富士ヒルクライム]

6回目となる2015Mt.富士ヒルクライムに今年も挑戦してきました。
結果は既に速報でも記事にしましたが91分24秒。
残念ながら目標としていた90分切りをまたしても逃す結果となってしまいましたが今年は4年ぶりに自己ベストを更新することができました[わーい(嬉しい顔)]

昨年は前日の食事に失敗し体調を崩し全くいいところなく終わった富士ヒル。
今年の挑戦はどうだったのか振返っておきます。

【前日編】
6月13日。
今年は「フォトポタ日記」の管理人Shiroさんと一緒に会場に行くことに。
10時少し前に日産の誇る7人乗り5ナンバーミニバン「ラフェスタ号」がやってきました[車(RV)]
機材一式を積み込、Panpan師匠の155も一緒に2台で出発[車(RV)][車(セダン)]
昼過ぎには会場の北麓運動公園に到着。
1.jpg

受付済ませて、会場内を見物。
2.jpg

Nogu妻用にポラーの保冷ボトルを買いました。
8000人の参加者の割には空いているなーと思ったら中央高速が事故渋滞で出足が遅かった様子。
1時半過ぎに会場出たら公園の回りの道路が大渋滞していました。

遅めの昼食を食べてホテルへチェックイン。
(お昼はスパゲティー1人前のみ)
合流したキューマルさんと4人で山中湖の湖畔1周回りました。
いきなりの40㎞/hオーバーで牽かれたので途中でNoguが先頭変わり35㎞/h程に落として走行。
Panpanさん、Shiroさんと先頭交代して鬼(キューさん)の先頭の出番を封じ込めたのでした。
湖畔で撮影。
本来なら富士山が見えるのですが生憎の曇り空。
3.jpg

レース当日は雨予報に変わっておりちょっとテンションダウン気味の4人なのでした。
撮影終了後は湖畔のサイクリングロードをのんびり走ってホテルに戻りました。
4.jpg

ホテルまでの数百メートルの急勾配はTarmac2台のアタック。
仕掛けが早すぎあっという間にへばったけど楽しかった。
と、ここまで昨年のデジャブのような状況。
この後の夕飯は注意しなくては。
5.jpg


Shiroさんの同僚o-donさんも合流したところで夕飯。
これまた昨年同様湖畔のファミレス。
去年はここで失敗しているのでNogu妻からのお目付け役を命じられたShiroさんはNoguの注文を厳しくチェック。
今年は無難にオムライスのビーフシチューかけの普通盛りを食べました。

夕飯後はコンビニで朝食を仕込んでホテルで前夜祭。
アルコール飲んだのはNoguとpanpan師匠だけ。
他三人はストイックでした。
あーだこーだと自転車談議に花が咲きましたが11時前にはみんな就寝[眠い(睡眠)]
翌日3時半おきに備えて眠るのでした…。

お天気心配…当日編に続くのだ。

2015Mt.富士ヒルクライム結果速報 [2015Mt.富士ヒルクライム]

6回目の出場となったMt.富士ヒルクライム。
1.jpg

昨年の反省を生かして普段通りの生活を心がけ体調は万全に整え挑んできました。
バイクもアルミフレームTCRからS-WORKS Tarmacにチェンジ。
で、結果は。
91分24秒
またしてもブロンズゲットならず[もうやだ~(悲しい顔)]

残念だったが実は自己ベスト更新。
2011年に記録した92分40秒を4年ぶりに塗り替えました。
ちょっぴり残念だったけど自己ベスト更新は嬉しいです[わーい(嬉しい顔)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。