So-net無料ブログ作成
検索選択

今年もスバルライン試走(Nogu家勝手に富士ヒル開催) [2015Mt.富士ヒルクライム]

ご無沙汰の記事アップです。
1月から今までいろいろアップすることあったんですが今更・・・
ということで直近のスバルラインの試走記事です。
1.jpg

そう、今年もこりもせずMt.富士ヒルクライムレースにエントリーしています。
昨年は体調不良というか前日の食べ過ぎで全くいいとこなく終わった大会でした。
今年は気分も新たにチャレンジです。

バイクもTARMACに変わって初めてのレース。
気分も高まります。
という訳で、先日5月23日にスバルラインに行ってきました。
同行したのはNogu妻、Shiroさん、きゅーまるさん。
Nogu家としては勝手に富士ヒルも兼ねています。

8時に北麓駐車場待ち合わせでしたが、エースのNogu妻を一足先に出発させるためアバチンで料金所に行きます。
トイレ横でBianchiを組み立て8時ジャストにNogu妻をスタートさせ見送りました。
2.jpg

(無事に上がりきっておくれよ)
急いで北麓駐車場に戻りShiroさん、きゅーまるさんと合流。
TAEMAC組み立てて記念撮影済ませて出発です。
3.jpg

この日の仕様は
フレーム:スペシャライズド S-WORKS TARMAC
ホイール:Shimano DURA ACE WH-7850
タイヤ:Panasonic RACE TypeA
チェーンリング:50×34T
リヤスプロケット:11-28T(10速)
TARMACのHC仕様です。

いつもの試走と違うのは二人分の下山荷物ではなく自分だけの荷物を背負っていること。
今年はNogu妻も自分の荷物は背負っていきました。
3人でつるんでスタート地点の胎内洞窟交差点へ。
4.jpg

ShiroさんとNoguはサイコンのバーチャルトレーナーセットして「5合目まで24㎞」ポストをスタート地点として出発。
料金所を過ぎ再スタート後はきゅーまるさんはあっという間に消えました。
しばらくはShiroさんと話しながら抑えつつ上ります。
1合目下駐車場手前からじりじりとShiroさんが先行していき駐車場到着のころには一人旅
ここまでの勾配は割とあっていつもきつい。
おまけに標高も高いせいかどうしても試走の際は呼吸が苦しいと感じますね。
駐車場前の緩斜面は数少ない緩斜面区間。
アウターに入れて20㎞/h台まで加速して進みます。
勾配が7%を越えたら躊躇せず28Tで回し、それ以下は24、21でなるべく速度を上げようと頑張るけど1㎞毎の区間タイムはなかなか4分切れない。
平均4分ではゴールまで96分かかってしまうので頑張れるところは3分で刻みたいところ。
2合目までは勾配もきつくペースは上がりませんでした。
それでもこの日は人も多く先行者を見つけてはあの人に追いつこうという気持ちで行けたのは良かった。
2合目を越えて3合目までは緩い区間も出てくるのでペースも少し上がります。
高地に慣れ始めるのか呼吸も楽になってきます。
ただ、この日は終始心拍数が低め。
平均166bpm、最大176bpmってヤビツの4~5%落ち。
3合目を越えていよいよ終盤。
淡々と走っていると前方にNogu妻発見。
5.jpg

実は4月にぎっくり腰になって数週間前に平地リハビリし始めたばかり。
3月下旬以来の上りコースがいきなりスバルラインだったのでこの日は休憩しながら完走目指すと言っていたのでどこかで追いつくかと思いきや意外に早く捕捉してしまった。
調子悪いのかと近寄るとだいぶバテている。
6.jpg

背負った荷物も辛そう。
腰も痛いという。
停まって荷物持ってあがると言ったんですが止まりたくないから先に行けと。
しばらく並走して様子見てたけど先に行けというので後ろ髪惹かれつつ先行しました。
余力が有ったらゴール後に迎えに来てというので頑張って先にゴールを目指したのでした。

大沢駐車場横を抜け4合目へ。
4合目看板から先は急勾配の九十九折れが待ってます。
この辺りで速い方3人に抜かれましたがそのたびに食らいつき数十メートルは食い下がるのですが直ぐに力尽きてします。
悔しいけど終盤の落込みはいつもの事。
極楽浄土手前の急勾配を踏ん張ってようやくたどり着いた緩斜面区間の極楽浄土。
完璧単独だったけど下ハン持ってアウターで回します。
30㎞/hをキープして突き進むも後半垂れた。
最後のトンネル急勾配を上がりきってゴール。
先行したきゅーまるさん、Shiroさんと合流。
5合目は異国と化していました。
タイムを確認すると98分台。
結局1㎞平均4分以上かかってしまいましたが試走で初めて100分の壁を破ったのだ。
背負った荷物が軽かったせいかフレームがTARMACに変わったせいかはわからないけどちょっぴりうれしい。
7.jpg

きゅーまるさんに荷物預けてそのままNogu妻を迎えに今上ってきたコースを引き返します。
どのあたりまで来てるかな・・・。
緩斜面区間にはいなかった。
手前の急勾配下りてしばらく行ったらようやくゆらゆら現れた。
合流して並走。
荷物預かると言ったけど斜面で止まるとクリートキャッチできないからと極楽浄土手前の駐車場までゆっくり上りました。
荷物を預かり緩斜面もゆっくりと突き進み。
8.jpg

ゴール前の急勾配では5㎞/h位になりながらようやく到着。
3時間20分ほどかかってしまいました。

5合目到着後は恒例の富士山メロンパンで完走お祝い
9.jpg

サクサクの富士山メロンパンは自分の足で上った人へのご褒美です。
10.jpg

30分ほど休憩し長い長い下り。
嫌になるほどの下り坂を駆け下りてNogu家勝手に富士ヒル&Noguの試走は終了です。
Shroさん、きゅーまるさんお待たせしちゃってごめんなさい。
本番も楽しみましょう。

最後は昨年は試走でも本番でも食べれなかった吉田うどん(大盛り)をたらふく食べて下道でトコトコ帰ったとさ。
11.jpg


おしまい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。