So-net無料ブログ作成

2013年今年もお世話になりました

2013年大晦日。
皆さんいかがお過ごしですか。

管理人Noguです。
超ご無沙汰している感じです。
今年はFace bookを立ち上げたのでついついブログ更新から遠のいていました。
反省です。

来年は申し越しマメに更新して行きたいと思います。

さて、2013年も今日で最後1年を振り返る記事をゆっくり書きたいところですが忙しくてとても書ききれません。

よって、今年の最大ニュースの報告で締めくくりたいと思います。

何と言っても今年最大のNogu家のニュースは155生活の終焉でしょう。

1998年5月16日から始まったALFA ROMEO155との生活が今年9月14日で終了しました。
こんなに長く同じ車に乗ったのは初めて。
正確には16VTSからV6へ乗り換えて2台を乗り継いだわけですが4気筒、V型6気筒それぞれを味わいました。
P1010242.JPG

1.jpg

Noguログの代名詞であった155ですが一先ずは卒業です。
それぞれ新しいオーナーのもとで可愛がられている事でしょう。
同時に黒豆号(Nissan MARCH 12SR)ともお別れしました。
1.jpg


そして、第2章と言うべく次なる愛車はABARTH500です。
1.jpg

納車後3か月で1000kmようやくオーバーでこれからですが2014年はこいつと一緒にいろんなところに行きたいと思います。

自転車生活も継続中。
1.jpg

今年は最大イベントの富士チャレンジ200が台風の影響で大会中止となり不完全燃焼でしたが12月には楽しい仲間たちとのエンデューロに出場して締めくくりました。
来年も富士ヒル、CPF、富士チャレ、袖ケ浦と果敢にチャレンジして行きたいです。
IMG_3855.JPG

CPF2013.jpg

6.jpg

そうそう、TCRは買い変えられそうもないですがコンポのDURA ACE化が着々と進行中です。
IMG_4784.JPG

今年もいろんな方にお世話になりました。
新しい出会いもありました。
来年も皆さんにとって良い年であります事をNogu、Nogu妻そしてアバチンはお祈りしております。
11.jpg

それでは、良いお年を!

男女8人冬物語…TokyoエンデューロBay Stage参戦 [BIKE(自転車)]

12月7日、TokyoエンデューロBay Stageに参加してきました。

出場クラスは男女混合MIDDLEの4時間。
ペアを組むのは3年ぶりのエンデューロ参戦のNogu妻さん。
チーム名は【夜会】チームABB。
(AB型のNogu妻とB型のNoguだそうです)
結果は如何に…

今回のレースは富士チャレ200の中止を受けてNoguのつぶやきに乗っかってくれた【夜会】メンバーを中心としたみなさん。
ぶちょー、panpan師匠、蜻蛉GTIさん、キューマルさん加えて女性2名。
我が家と合わせ男女8名3チームの男女混合クラスにエントリーです。

第一関門のABARTHに自転車2台とその他機材を積むという課題は試行錯誤の上何とかクリア。
IMG_4650.JPG

ぎゅう詰まりでもう入りません。
前日は仕事を早めに切り上げて積み込んで、準備して早めに寝たのに…
8時集合の海ほたるに15分の遅刻[もうやだ~(悲しい顔)]
保土ヶ谷バイパスと大黒の渋滞読み切れませんでした。
みなさんごめんなさい。

レーススタートは11時。
会場の袖ヶ浦フォレストレースウェイには9時過ぎに到着。
駐車場は既に始まっている2時間レース出場者もありかなり遠い場所。
(しかも未舗装だよ)
そこから自転車組み立てて補給やらの荷物をみんなで担いで徒歩移動(結構きつかった)
ピットはNo.1。
幸先良い番号ですが一番遠い場所でした。
8名分の場所をピット内に確保できるわけもなくちょうどうまい具合にピット横にグラスエリアがあったのでそこに陣取りました。

ドリンク準備やら出走準備してさあ、みんなで試走とピットレーンを進むと…
「試走は閉め切りましたぁ~」と無情にもコースクローズ。
結局1周もできずにすごすご引き返すのでした。
ちょっとまったりと準備しすぎたみたい。
そうこうしているうちにあっという間にスタート時間は迫り第一走者はコース上に整列し始めています。

われら【夜会】チームの第一走者もあわててコースイン[あせあせ(飛び散る汗)]
我が家の第一走者はもちろんNogu。
今回のピット作戦はプランA~Cまで用意しましたがプランCで行くことに決定。
40分(Nogu)‐30分(Nogu妻)以降‐40分‐30分‐40分‐30分‐30分とつなぐ作戦。
プランAはNoguのパートを60分とする案でしたが周りが細かく刻む作戦だったのと60分では後半垂れると思い短めに切りました。
こうして挑んだ4時間エンデューロ11時定刻通りにスタートが切られるのでした。

一斉に動き出した大集団。
1周目は先導者にひかれてのローリング。
それでも次第に速度はあがっていきます。
富士スピードウェイよりも狭いコース。
密集した集団は正直怖い。
接触、落車だけはしないようラインキープとコーナー手前の手信号と声掛けで注意しながら走行。
そろそろ最終コーナーというところで左後方で嫌な音。
どうやら接触、落車が起こってしまったようです[がく~(落胆した顔)]
幸い、Noguは巻き込まれることも無く無事にオープニングを終えていよいよスタート2周目に突入していくのでした。

1周2.436㎞の袖ヶ浦フォレストレースウェイ。
シミュレーションでは平均車速30㎞/hでLAPタイム5分程度と考えていました。
メインストレートを抜けて第一コーナーを立ち上ると軽い上りです。
勢いとを借りてダンシングで駆け上がり今度は緩い下りのダウンヒルで2コーナーへ向かいます。
2コーナーを抜けさらに下り高速の3コーナーへ。
3コーナー立ち上がりはまた上りになりますがここも立ち上がりの勢いを殺さないようにしてダンシングで駆け上がり緩い左コーナーを大きく回りながら若干下ったコースを加速していきます。
そのまま高速をキープしたまま小さく回り込んだ右コーナーを立上り最終コーナーに向けて上りを駆け上がります。
最終コーナーは上ってますがスムーズにストレートを加速するためシッティングで回りそのまま自分たちのピットを横目に立ち上ります。
こんな感じの1周でLAPタイムはだいたい4分ちょっと。
最も早いLAPは3分44秒が記録されていました。
3周目に入ると集団もばらけますが、かなりバラバラに細かい集団が形成されているのが印象でした。
先頭集団は50台近い大勢で形成されていましたがそれ以外は意外にバラバラ。
なかなかペースの合う集団が無くキツイ周回が続きました。
メインストレートは軽い上り?と軽い向かい風で一人もしくは集団の先頭に立つとけっこうしんどい。
5周目に入ると早くも先頭集団が近づきます。
先導のバイク(モーターバイク)がクラクション鳴らしながら近づいてきます。
ちょうど5台くらいで小さい集団でいたのですがみんなで右側に寄りました(ルールではキープライト、追い越し左から)

速度の乗る下り右コーナーに差し掛かるころ大集団が左から追い越していきます。
隊列はまだ縦長ではなく横にも広がっていて怖いなと思っていた矢先、左後方でまたもや嫌な音[どんっ(衝撃)]
レーススピードでの落車でした。
僕らのいた小さな集団と大集団がちょうどコーナー入口で並んでしまったため後方で行き場を失った人が絡んだ模様。
次の周に通りかかったら一人が担架で運ばれてました。
大けがでなければいいけど…

アクシデントはありましたが、30分経過時点でNogu妻から「OK?」のボード。
予定通り40分は行けそうなのでOKマークのハンドサインで答えて残り10分。
最後の1周は結構踏んでスパートしてNogu妻にバトンタッチ。

久しぶりのレースですがアンクルバンドを付けてもらって笑顔でピットアウトしていくのでした。
シミュレーションでは平均速度25㎞/hで1周6分弱を想定していましたが1周だいたい5分位で周回できている感じ。
2.jpg

予想以上にいいペース。
どこまで維持できるか心配しましたが終始笑顔で最終コーナーを上ってくるので大丈夫みたい。
メインストレートでは男性にぴったりついて疾走していきます。
3.jpg

なかなかやりおると感心してみていたらあっという間に20分経過。
「OK?」ボードを出すとOKマークが返ってきます。
30分は問題なさそう。
次の周「Pit」のサインを出してNoguも2回目の出走に備えます。

アンクルバンドを付け替えてNogu2回目のスタート。
30分の休憩中、アンパン1個食べてエネルギー満タン。
差し入れ頂いた2RUNで足攣りの兆候も無し。
1周目からガンガン踏んでいきます。
中盤にペースの良い人につかせていただきしばらく一緒に走りました。
4.jpg

途中前に行けと手で合図されたので前に出ましたが、出た瞬間右脹脛が攣りました。
2RUN飲んでたのに80分もたなかったです。
5.jpg

そんでも頑張って1周引いてお役御免で右に寄ったんですが誰も前に出てこない。
結局ほぼ2周にわたって先頭引いて限界と思ったところで今度は左脹脛がつってThe End。
離脱したら10台くらい抜いていきました。
(こんちくしょうめ)[ちっ(怒った顔)]
その中に会社の後輩がいたとは…
Noguさん見つけただって。
ついていこうと思ったけどダメでした。
気付いたら38分くらい経過していましたがPitに入り損ねて結局45分位走ってしまったようです。
準備万端のNogu妻に引継ぎ足を着いた瞬間両足攣りました。

Nogu妻が2回目の出走している時にゴールまでのプランを再検討。
両足に痙攣が出てきてしまったので次のパート40分はちょっときつい。
なので残りは30分毎に区切って交代するプランC’に変更。
Nogu妻にはあと2回走ってもらう事になるけど、だいぶ余裕ありそうだったので大丈夫でしょう。
少しでも回復をさせるため2袋目の2RUN飲んで、水分補給とエネルギーチャージをして備えます。
30分経過してPitインしてきたNogu妻にプラン変更を告げてPitアウト。
足に少し違和感あるけど大丈夫そう。
10分短縮されたパートなのでペースを上げ中盤から後半戦へ入るのでした。

Nogu妻最後の30分へ送り出しアンカーパートに備えます。
心配されたNogu妻の体力も走っている姿を見ると問題なさそう。
時折、男性を後ろに引き連れストレートを走り抜けていました。
後で聞いたら1コーナー後の上りで抜かれて「女の後ろに付くんじゃねぇ」とちょっぴりムカついたようですが…[ちっ(怒った顔)]
残り10分無事走りきれるだろうと確認して出走準備もせずにピットウォール越しに最終コーナーを見ているとピットでNogu妻が呼んでます。
もう1周してくるとばかり思っていたのにピットミス[がく~(落胆した顔)]
まだ、準備できていなかったのでそのままもう1周行ってもらいましたが、もったいないタイムロス。

戻ったNogu妻から最後のアンクルバンドを受け継いでアンカーパートの30分です。
ゴールの15時に向けて最後の力走。
日も傾きはじめ日影になると少し肌寒い。
気付けばメインストレートは向かい風が強まっています。
最終コーナーからの加速が鈍い。
単独、先頭は本当にきつかったです。
刻一刻とゴール時間が迫る中残り3分を経過した14時57分過ぎに最終ラップに突入。
次に戻ればゴールです。
後ろに付かれているのは陰でわかります。
前はいないので自力で進みました。
後ろの人は前に出る気はないみたい。
参加クラスはわからないけどこの人だけには負けまいと頑張りました。
最終コーナー立ち上ってストレート。
まだ、後ろは出てこない。
残り100m程度で並んできました。
最後の力を振り絞りゴールスプリントの真似事。
右足踏み込んだ瞬間に前腿が攣りました[ふらふら]
必死に食い下がるも言うこと聞かない右足ではそれ以上の抵抗もできるわけなくタイヤ1本分負けました。
前に出たその人のゼッケン見てな~んだ、6時間クラスかと一安心。
ゴール後アンクルバンドを返却しみんなの待つPit No.1へ向かいました。
3チームそれぞれ楽しんで無事ゴール。
6.jpg

Nogu家の【夜会】チームABBの成績は…
男女混合4時間クラス78チーム中36位というちょうど半分の成績でした。
周回数は52周。(Nogu35周、Nogu妻17周。)
距離にして126㎞。
平均速度は31.7㎞/hでした。
二人で走った割には健闘したかな。

TCRお疲れちゃん。
8.jpg

Bianchiもお疲れちゃん。
7.jpg

この後、大量の機材、荷物を抱えて駐車場に戻るのが辛かった。
最後はみんなで近くのスーパー銭湯で汗を流しお酒抜きのお食事宴会?
楽しい時間を過ごして2013年の最後を締めくくるレースは幕を下ろしましたとさ。
なんだこりゃ。
1.jpg

これにて男女8人冬物語は終了です。
9.jpg

セルフタイマーで撮影したんですが向かって左はじの我が家だけ切れていました[もうやだ~(悲しい顔)]

来年もまた出たいと思う楽しいイベントレースでした。
皆さんお疲れ様でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。