So-net無料ブログ作成
検索選択

ブレーキパッド交換しました [ABARTH 500]

お気に入りのアバチン(ABART500)
唯一の懸案なのがブレーキダストの多さ。

他のユーザーの方の情報でも同じ悩みを抱えているのが分かります。
洗車してちょっと走れば既にホイールはダストでコーティングされます。
ホイールだけではなく車体の小ささもあるのかリヤゲート回りもそれらしき黒い粉が付着するありさま。
ガレージ保管でもこればかりは防ぎようがなく意外に洗車頻度は高かったです。
欧州のパッドのようなのでμは高く効きは抜群なのですがそれを割り切っても酷い。
ALFA ROMEO 155TSも国産車に比べればダスト多かったけどそれ以上です。
IMG_7354.JPG

ブレーキ本来の効きとのトレードオフ性能はわかっているのですが日常使いにはちょっと困りもの。
ということで、2年目にして低ダストタイプのパッドに4輪交換と相成りました。

当初、ディーラーでと思い見積もったのですが、驚愕のプライス
某有名ショップのパッドを使うとのことでしたがそこまでの性能いらないし、求めているのは低ダストと街乗りの効き性能。
工賃も想定していた倍でした。

そこで、155時代にお世話になっていた『GRATO』さんに相談。
ABRTH500やベースのFIAT500も最近多く取り扱っているという事でノウハウもバッチリ。
お勧めのPADはDIXCELのPramium+。
IMG_7357.JPG

ディーラーで12カ月点検受けた後そのまま『GRATO』さんに直行してサクサクっと交換してもらいました。
リヤの電気式摩耗センサーがないので注意が必要です。

で、交換後150kmほど乗りましたが、問題のダストは激減。
かなり抑えられています。
効きは感覚的には落ちました(実際にも落ちていると思います)
しかし、ノーマルのμの立ち上がりの高いいわゆるカックンブレーキは影を潜め良い意味でリニア感が得られました。
踏力に応じた効きと言ったらいいですかね。
街乗りでは気を使わなくていいかもしれないです。
いまのところサーキット走行は考えていないのでこのパッドで充分です。
もう少し乗り込んで車体周りへのダスト飛散が無いか確認したいと思います。

やはり、目の前でいろいろとお話し効きながら愛車のメンテをしていただけるというのは車好きにとっては何とも至高のひと時なのでした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ヒロシ

はじめまして!
最近、中古でアバルト500を購入し、ただいま納車待ちの状態なのですが、Noguさんのブログはとても参考になります。
ブログを拝見する限りNoguさんと同じディーラーで購入しましたが、当方も同店の対応には、いささかの不信感と疑問を抱いております…購入して早々ではありますが、当方も今後のアフターケアをイタリア車の整備に特化しているお店を探して依頼しようかと思っています。

今後もブログ記事を楽しみにしております!よろしくお願いいたします。
by ヒロシ (2016-01-19 08:11) 

Nogu

ヒロシさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
ディーラーはともかくアバルトは楽しい車ですね。
アバルトの記事が少ない当ブログですが微力ながらその魅力を発信して行きたいと思ってます。
by Nogu (2016-01-20 12:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。