So-net無料ブログ作成

155へのおもひ [ALFA ROMEO 155]

出会いはここから始まった。
IMG_4039.JPG

何となく手に取った1冊の雑誌。
表紙に描かれた車が気になった。
内容読んで引き込まれた。
すごく欲しいと思った。
いくつかの懸案があった。
左ハンドルのマニュアルしかない(Nogu妻乗れないと思った)
既にこの時FVが発表されて数か月が経過していたから新車は無いかも
そもそも、新車あっても高い(TSで339万円だったとおもう)
イタリア車=壊れやすい(と思ってた)
いろいろ懸案あるけど単純に欲しい。
現実を模索した。
同じ雑誌から164の存在を知った。
IMG_4043.JPG

ATがメインだ。
左ハンドルだけどATならNogu妻もいけそう。
155も新車は無理そうだから中古なら164も一緒だろう。
価格も155の中古よりも安い。
Nogu妻に相談。
見せた写真が良かったかも。
紺色の車体にベージュの革張りシート。
好感触。
1998年4月某日。
当時アルファロメオを取り扱っていたコーンズに行く。
164の中古情報を訪ねに。
164のこと聞いたらすぐには無いという事。
ショールームにNEROの155FVの展示があった。
だめもとでROSSOのTS在庫を聞いてみた。
TSのROSSOは3台在庫があるという。
すぐさま155V6の試乗車が用意され試乗に出た。
初めて間近で見るROSSOの155。
エッジのあるデザインが想像以上に刺さった。
程よく落ちた車高と黒いホイールが精悍だった。
Nogu妻も試乗。
センターラインをまたいで運転されてビビった。
でも、乗れた。
懸案はクリアされていく。
見積もり…
いきなり30万円の値引き。
そういえば新型156がもうすぐ上陸するんだ。
急に155新車購入の現実味が帯びてきた。
当時は3年保証のマスターケア付けるのに費用が掛かった。
これが5月から倍額に値上げという情報を付け加えられその日は帰った。
家族会議(といっても二人の)
マスターケアの値上げを考えれば買うなら今月中。
言ってきたのはNogu妻だった。
翌週再びディーラーに。
更に値引きの上乗せ15万。
ほぼ購入を決意。
下取り車の売却額次第という事になりその日も帰る。
帰りに立ち寄ったイタリアンレストランに偶然155が停まってた。
食事が来るまでカタログ見てると奥から155のオーナーというシェフが出てきた。
155談義に花が咲く。
不思議な車だと思った。
ゴールデンウィーク初日(だったと思う)
印鑑もって再びディーラーへ。
ディーラーの低金利ローンの見積もりを最後の切り札キャッシュで支払いを申入れて金利負担分のカット。
(Nogu妻、強し)
総額60万近い値引き。
最後は車両価格の懸案も解決していた。
当時乗ってた三菱パジェロロングスーパーエクシード。
100万円で売れなきゃこの話はかなり厳しい。
Noguは頑張ったが80万円にしかならなかった。
5年で8万キロ乗ってたことがマイナス評価だった。
でも担当さんが96万円で売ってきてくれた。
残りの4万円は更に値引きに上乗せされた。
4月下旬に契約、捺印。
雑誌購入の出会いから2ヶ月と経っていなかった。
1998年5月16日
156新車発表会でにぎわうコーンズに出向き納車。
奥の応接室に通され支払。
納車準備中に卸したての156V6に試乗。
最新モデルの試乗だったけど早く155に会いたかった。
戻ると真っ新な愛車が待っていた。
P1000224.JPG

シリアルナンバー267/500。
P1000226.JPG

Alfa Romeo 155TS16V FVとの対面だった。
この時からNogu家の155生活が始まった。
2009年12月27日
TS16V FV 267/500とお別れ。
11年と7ヶ月。
V6に乗りたい。
思い悩んだ末の別れだった。
2010年1月30日
Alfa Romeo 155V6(1995年モデル)納車。
12年前に出会った雑誌の記事で一番興味をひかれたのがこの色のV6だった。
12年越しに想いがかなったのかもしれない。
タイミングベルト、クラッチ、ミッションベアリングと納車前にエンジン降ろして整備されたV6は快調。
長年連れ添ったTSからステアリング、シートを移植されたのでシフトノブとペダル以外は慣れ親しんだアイテ。
Nogu妻は新しい車になった気しないと少々愚痴をこぼした。
V6はTSの4気筒とはまた別の良い声を響かせる。
Nogu妻も3000rpm付近の音が大のお気に入り。
2500cc V6OHCエンジン。
最高。
2012年10月23日
TSは叶えてあげられなかった。
でも、思えばTS購入当初からあこがれ続けていたガレージにV6を収める事ができた。
IMG_4047.JPG

愛車と暮らす。
IMG_4044.JPG

また一つ別の意味で夢が叶った。
この家が建ったのも155との出会いがあったから。
不思議な巡り合わせ。
振り返れば155生活も15年という歳月が流れていた。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

jljlmatu

お久しぶりです。

輸入車、

壊れやすい(と思ってた)

そう思いますよね~(実際、ゴルフはよく故障しました。)でも、乗ってみると、ヨーロッパ車はやめられないですよね~

Golf7、いまだに使い方がよくわかりません。。。

by jljlmatu (2013-07-20 17:37) 

蜻蛉GTI

以前もTSのお話をお聞きしましたが、感慨深い出会いでしたね。
僕も 155 を思い出しちゃうな〜。
by 蜻蛉GTI (2013-07-20 23:08) 

Nogu

>jljlmatuさん
ご無沙汰です。
Ⅶに乗り換えたんですよね。
おめでとうございます。
155購入前は輸入車は壊れやすいと思ってましたが我が家の155はTSもV6も幸い大きなトラブルはありませんでした。

一つの個体にこんなに長く乗ったのは初めてです。

>蜻蛉GTIさん
TS号との出会いはまさに偶然が偶然を呼びました。
ロクちゃんも同じですがね(^^;
by Nogu (2013-07-22 22:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。